ラグビーワールドカップ企業CMまとめ2019 ラグビーの魅力がギュッと凝縮!


ラグビーワールドカップが開催されている2019は、テレビ放送に絡め、ラグビーを応援する動画が盛りだくさん!

特に企業CMを見てみると、ラグビーの魅力がぎゅっと凝縮されています。

内容も多彩で、現役選手や過去のスター選手が登場するもの、感動するものから面白いものまで、見ていて飽きません。

ラグビー観戦初心者のわたしでも、ラグビー熱が上がり、ラグビーワールドカップへの期待が高まるものばかりです。

ラグビー初心者の方はもちろん、ラグビー大好きなラガーマンやラグビーファンの方もじっくり観てみてくださいね!

ラグビー愛があふれる「リポビタンD」のCM

リポビタンDは「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のオフィシャルスポンサー。

2001年のラグビー日本代表オフィシャルスポンサーから、ずっとラグビーを応援し続けてきました。

たくさんのラグビー日本代表を応援するCMを作っていて、どれも胸が熱くなるようなものばかり!

今回、「リポビタンDラグビー日本代表応援ソング」に起用されたB’Zの楽曲「兵、走る」もラグビーの応援ソングとしてぴったりです。

いくつもあるCMの中から、ぜひ見てほしい作品を3つピックアップしました。

ラグビーの魅力が凝縮されています!!

リポビタンD「ラグビーワールドカップイヤー」篇 15秒/B’z「兵、走る」

CM の中に出てくる「世界をもう一度、驚かせてやる。」は、前回2015年ラグビーワールドカップの南アフリカ戦の時のことを指しています。

世界ランキング13位の日本代表が、過去2回のW杯優勝経験を持つランキング3位の南アフリカ代表を34-32で破った試合は、全世界が驚愕!

今回のラグビーワルドカップに向けて、日本中のラグビーファンが共有している期待の高まりに応えてくれています。

リポビタンD「日本への熱き想い」篇 15秒

2015年・2019年日本代表のキャプテンであるリーチ・マイケル選手。

15歳で日本に来てからラグビーを盛り上げてきた彼の日本に対する想いを感じられるCM。

でも、これを見ると見た目は外国人でも日本に対する熱い想いにあふれた選手が、日本のラグビーを盛り上げてくれていることが分かります。

リポビタンD「諦めない強さ」篇 30秒

スクラムの要となるフッカーのポジションを担う堀江 翔太選手。https://yumiszn.com/rugby-rule/

選手生命を脅かすほどの大きなケガを2度もしたにもかかわらず、グラウンドに戻ってきた彼の強さを描いたCMです。

見るからに激しい体当たりが多いラグビーの厳しさや、何度も体当たりしていくラガーマンのメンタルの強さを感じます。

【参照】大正製薬 ラグビー特設ページ

ラグビー選手が出演する「TOSHIBA」のCM

ジャパンラグビートップリーグのチームであり、日本代表のキャプテンであるマイケル・リーチも所属する「東芝ブレイブルーパス」を有する東芝。

CMでは実際のラグビー選手たちが出演しています。

【TOSHIBA】コーポレートブランド広告/「ラグビー応援」篇(歌唱版) 30秒

「ひとりひとりの熱い想いが、チームを強くする。」というテーマ。

実際のラグビー選手たちがブルーハーツの「情熱の薔薇」を歌っている(歌唱版)とブルーハーツの歌う(原曲版)があります。

選手たちが歌っていたり、演技していたりするのが新鮮です。

 

歴代の名選手がパスを継ぐ「三井住友銀行」のCM

ラグビー日本代表のオフィシャルスポンサーである三井住友銀行。

CMには、三井住友銀行の役員でもあり、日本代表監督も務めた故宿澤広朗さんも登場します。

三井住友銀行 TVCM「ラグビー日本代表 挑戦と継承」篇

「挑戦と敬称」をテーマに歴代の名選手がパスをつなぎ、最後は現役選手たちがトライを目指すというもの。

CGを駆使して、日本の歴代のスター選手である宿澤さん、森さん、松尾さん、平尾さん、大畑さんが時を越えてパスを継ぎます。

昔からのラグビーファンは、このCMを見て過去に思いを馳せるのでは?

今の強い日本があるのは、過去からのたくさんのラガーマンの努力の積み重ねの結果ということを実感できます。

登場している5名の選手のプロフィールと歴史的名場面がSMBCラグビー男子日本代表特設サイトに掲載されています。

【参照】SMBCラグビー男子日本代表特設サイト

ラグビー精神を感動的に描いた「クボタ」のCM

ジャパンラグビートップリーグ所属のラグビーチーム「クボタスピアーズ
」を運営するクボタ。

ラグビーの「壁がある。だから、行く。」というスポーツマンシップを通して、世界の発展途上国を手助けするクボタの仕事を見事に描いた作品です。

「壁がある。だから、行く。」Try For Dreams.篇

スリランカを舞台に、貧しかった少年がラグビーの仲間に助けられながら、クボタの社員になり、水の出なかった村に水を引き豊かになるというストーリー。

短編映画を見ているようなクオリティの高い作品は、思わず涙を流したという視聴者もいるほど。

ラグビーの「One for all, All for one」の精神を描くとともに、世界の貧困問題にも目を向けるきっかけにもなります。

 

日本中のラグビー熱を盛り上げる「三菱地所」のCM

ラグビー日本代表のオフィシャルスポンサーである三菱地所。

丸の内にラグビー神社や交流スペース、アート作品をしかけ、ラグビーを盛り上げる「丸の内15丁目PROJECT.」を実施。

また、大分県の小学校へラグビーボールを寄贈したりとラグビーの普及を支援しています。

「僕にしかできないこと」篇(ラグビーワールドカップ2019 日本大会・TVCM・60秒)

体が小さくすばしっこい高校生「小次郎」と体が大きくて強い「大介」は、二人とも小さい頃からそれぞれの特徴を強みではなく、コンプレックスに感じていた。

しかし、高校ラグビー部での活動を通し、人との違いは自分の強みであり、みんなの強みとなることに気付いていくストーリー。

You Tube「三菱地所公式チャンネル」より引用

ラグビーにはそれぞれの役割を担ったポジションがあり、個性豊かなメンバーがそろうこそ、強いチームが生まれます。

ラグビーだけでなく、わたしたち一人ひとりが生きる上でも共通するものがありますね。

「僕にしかできないことがあるんだ!」「同じじゃないから、強いんだ。」という強いメッセージに励まされます。

 

「新しい匂いのする街」丸の内のラグビー熱篇(TVCM・30秒)

高畑充希さん、照英さんが登場するこのCMは、ラグビーのイメージとは反しておしゃれで洗練されたもの。

日常の中で起こることを題材としてラグビーの魅力を伝えています。

スクラムを組んでいるのかと思いきや、実は名刺交換をしている人たち。

タクシーを止めるのにラインアウトをする人たち…。

ラグビーのシーンが丸の内を舞台におもしろおかしく描かれています。

高畑充希さんが指でナッツを弾いて、ゴールキックを決めるシーンは大人でもまねしたくなっていまいます。

人の口に向かってアーモンドを飛ばすのは危ないので、「※良い子はマネしないでね。」と最後にちゃんと出てくるのが個人的には気になるCM。

ラグビー初心者は、このCMからラグビールールを学ぶよい機会にもなるのでは?

【参照】三菱地所×ラグビー

 

ラグビーの強化と普及を担う「日本ラグビーフットボール協会」のCM

「RUGBY:FOR ALL」を理念にかかげ、日本ラグビーの強化と普及をすすめる日本ラグビーフットボール協会。

「ONE TEAM」を合言葉に、ラグビーへの気合を感じる応援動画を制作しています。

(公財)日本ラグビーフットボール協会
ラグビー日本代表応援動画(選手篇)RWC2019

日本代表選手の練習風景や試合動画で綴る動画は、選手の積み上げた練習や努力がひしひしと伝わってきます。

動画の最後に、日本代表メンバー全員で歌う「ビクトリーロード」は必聴!

「最後は笑える日が来るのさ」。

そう信じて切磋琢磨してきた日本代表チームの絆、強さをぜひワールドカップの試合で確認してみてください。

【参照】【公式】ラグビーワールドカップ2019日本大会

ラグビー動画を観て、ラグビーワールドカップ日本代表を応援しよう!

ラグビーワールドカップ2019に向けて、スポンサー企業などがラグビーへの熱い想いをさまざまな動画に込めています。

これらを観れば、ラグビーの魅力、日本代表選手の魅力が丸わかり!

ぜひワールドカップを観戦する前に、仲間と観てラグビー熱を上げてから応援に行きましょう。

日本代表選手、すでにカッコ良すぎます。

本番もがんばってください!!