主婦湿疹が治らない!7年悩んだ主婦の手荒れ対処法

主婦湿疹は治らない ライフハック
主婦湿疹は治らないoffthelefteyeによるPixabayからの画像

結婚してから主婦湿疹が発症し、今でも手荒れに悩まされながら家事をしている主婦です。

かゆくて痛くて、洗い物をするのはもちろん、育児もつらかったこの7年間。

皮膚科に通い続けて自分でも工夫した結果、ようやく主婦湿疹とうまく付き合う方法が
分かってきました。

完治が難しくても、なるべく痛い思いをせずに症状を良くする対処法を紹介します。

主婦湿疹に悩んでいる方は参考にしてください。

 

主婦湿疹が治らない!家事も育児も痛くてつらすぎる

結婚してから見事に手が荒れ始めました。

水仕事が多いので、そのたびに手がかゆくてしょうがなく、手を掻きむしって小さな水疱をつぶしてしまうと、今度は痛い!

痛いと洗い物をするのも嫌になってしまい、洗い物が溜まる一方。

なんとかお願いして夫に皿洗いをしてもらうこともあります。

また、子どもが生まれるとさらに水仕事が増えました。

おむつを替えるたびに使うおしりふきの刺激が強く手荒れは悪化。

作ったミルクを冷やしたり、哺乳瓶を洗ったりするのもつらい。

トイレトレーニングが始まると、どうしても衣服や布団カバーを手洗いしなければならず、痛みをこらえながらこなしていました。

一番つらかったのは、毎日のお風呂

自分を洗うのも手が痛くて気が引けるのに、さらに2人の子供のシャンプーをしなければならず大変な思いをしました。

手荒れは悪化すると見た目にもひどく、爪がガタガタに波打ってしまったり、指の関節が曲がらなくなってしまったりもしました。

 

 

皮膚科で聞いた主婦湿疹の原因と対処法

皮膚科の医師に診てもらったところ、「主婦湿疹」ということが分かりました。

わたしは、小さい頃アトピー性皮膚炎だったり、小児喘息やアレルギー性鼻炎だったりすることもあります。

アレルギー体質の人は主婦湿疹も発症しやすいということでした。

先生が言うに、主婦湿疹の原因は刺激

洗剤でなくても水がつくだけでも手にとっては刺激になるということです。

とにかくあらゆる刺激から手を守ることが、主婦湿疹を治す第一歩。

その日から、家事をする際はこまめに手を守ることを気を付けました。

 

 

家事には2種類の手袋を使い分け、刺激を回避

洗い物をするときには必ずゴム手袋をするようにしています。

主婦湿疹の対策にゴム手袋

お気に入りのヒアルロン酸入りの手袋。手を出し入れしやすく、中はしっとりと気持ちいい感触。丈夫で長持ちするので、台所用と掃除用の2セットを持っています。

一瞬でも素手で洗剤を触ってしてしまうとあっという間に指が荒れていたくなってしまうので、マグカップ一つだけ洗うのにも手袋をはめています。

また洗濯物を干したり、たたんだりする際も手袋を。

掃除機をかけるときも手袋を。

とにかく何かに触れるときには手袋をしています。

お風呂のときにはゴム手袋だと洗いづらいので、使い捨ての薄い手袋が便利です。

主婦湿疹に使い捨て手袋

食品を扱う時にも細かい作業がしやすい薄い手袋。汚れたらすぐに捨てられるのが〇。

素手と同じように手が使える上、使い終わったらすぐに捨てられて重宝。

子どものおむつ替えや洗濯もののを手洗いするときなども使っています。

面倒ですが、こまめに手袋をするだけで、主婦湿疹は良くなります。

自分のお気に入りの手袋を見つけると家事もはかどります

 

 

主婦湿疹がかゆくてたまらない時は冷やす

家事での刺激もかゆみの原因ですが、ストレスが原因でかゆくなることも

ちょっとイライラしてしまったり、嫌なことを考えるとかゆくなります。

どうしてもかゆくなってしまった時には、アイスノンで冷やすようにしています。

ただ、アイス枕についている水滴も触ると刺激になってしまうので、フェイスタオルで巻いてから手にあてるようにしています。

 

 

湿疹を掻きむしってしまったら防水バンドエイド

主婦湿疹にバンドエイド

炎症のひどい部分には防水のバンドエイドを付けておくと安心。

それでもかゆくて掻きむしってしまった時には、すぐに防水バンドエイドでガードしています。

それだけでも、痛みを半減できるし、不意に何かに触れてしまうときにも安心。

子育て中で、子どもの世話が付きまとうのですぐに手袋ができないときも。

例えば、急にコップのお茶をこぼして拭かなければいけなかったり、子どもが泣いて抱っこしなければいけなかったり。

そんな時に、傷口の痛み止めとしても防水バンドエイドは頼りになります。

 

 

寝るときはハンドクリーム&薬&手袋で集中ケア

皮膚科の医師に、主婦湿疹にはこまめに薬を塗ったり、保湿することが必要と言われていますが、家事や育児に忙しい日中はなかなかできません。

塗った薬も、すぐに水に洗い流さなければならないこともあるし、食べ物を扱う時に指先に薬を塗るのは躊躇してしまいます。

そこで保湿と薬などのケアは、夜寝るときに集中して行うことにしています。

寝る前に手を保湿してから薬を塗り、布製の手袋をして寝ます

主婦湿疹の治療に布の手袋

夜寝るときには、ハンドクリームや薬が浸透するように布手袋を。

寝ているときに皮膚も再生されて、朝起きたときには良い状態になっていることが多いのでおすすめ。

絹100%の手袋が保湿には良いですが、なければ100均一にもスマホ操作も可能な手袋が売られています。

布手袋をして寝るだけでも充分に手の保湿効果が期待できます。

 

主婦湿疹はこまめにケアすることが大切

辛い主婦湿疹ですが、こまめに手をケアすることで、上手に付き合いましょう。

ゴム手袋やバンドエイド、布手袋なども使いながら、刺激から手を守ってみてください。

家事や育児で手を休める暇はありませんが、少しでも自分をいたわることから始めてみてください。

ニトリの使いやすいキッチン用品おすすめ5選
「お!ねだん以上」におしゃれでコスパの良いものが揃うニトリから、おすすめの使いやすいキッチン用品を厳選して紹介します。コレがあるだけで台所が好きになる!お料理やお片付けの役に立つ!そんな主婦の味方になるキッチンアイテムの使ってみた感想とおすすめポイントをお伝えします。

コメント

  1. […] 主婦湿疹が治らない!7年悩んだ主婦の手荒れ対処法 結婚してから主婦湿疹が発症し、今でも手荒れに悩まされながら家事をしている主婦です。 かゆくて痛くて、洗い物をす… yum […]

タイトルとURLをコピーしました